プリザーブドフラワーについて知っておくべき事

皆さんはこのプリザーブドフラワーを御存知でしょうか。もしかしたら皆さんにはプリザーブドフラワーはあまり馴染みが無いかもしれませんが、現在では日本でもプリザーブドフラワーサイトなど、プリザーブドフラワーが数多く見られるようになっています。現在の日本ではプリザーブドフラワーを学んで、そして自分でプリザーブドフラワーを作る、と言う人も増えています。ここではそんなプリザーブドフラワーの事を皆さんにも知って頂きたく、プリザーブドフラワーの事を色々と紹介していきます。
ギフトには何をあげるか迷いますよね。名入れギフトなど最近は人気のようですよ。

フランスで生まれたプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーは一体何処で誕生したものでしょうか。皆さんはご存じでしょうか?正解をご説明すると、プリザーブドフラワーはそもそもはヨーロッパで誕生した特別な花です。90年代はじめの1991年にフランスにある一つの会社がパリで開発したのがプリザーブドフラワーです。プリザーブドフラワーが誕生したのが、おしゃれで優雅な国であるフランスというのが素敵な誕生話ですね。美しいものをこよなく愛するフランスの人々の一つのアイディアから誕生したのがプリザーブドフラワーなのです。このようにプリザーブドフラワーは誕生してからまだ約20ン年しか経っていません。従って歴史的には、プリザーブドフラワーはまだまだ大変新しい存在です。

このように、フランスの会社から誕生したプリザーブドフラワーは歴史的にも非常に新しい製品ですので、当初プリザーブドフラワーは日本に導入されたときも、左程知名度が高くありませんでした。ですが近年になって、プリザーブドフラワーは日本でもようやく注目をされ始めてきました。やはり良い物はちゃんと伝わるものなんですね。先にも紹介したように、現在の日本にはプリザーブドフラワーを自分で作ると言う人が増えています。

プリザーブドフラワーを趣味とする人が沢山います。またプリザーブドフラワーと言う趣味が高じて、自分でプリザーブドフラワーを製作して広めるために制作教室、講座を開く人も増えています。現在の日本でも確実にこのプリザーブドフラワーのブームが広がっている、と言ってもいいでしょう。皆さんの周りではどうでしょうか?プリザーブドフラワーを趣味にしているなんてとても素敵だと思います。

もっともプリザーブドフラワーに馴染みが無い、と言う人もいるでしょうが、現在プリザーブドフラワーは実に沢山、そして意外な場所でも目にする事が出来るのです。それでは現在どのような場所、そして場面で、このプリザーブドフラワーを見る事が出来るのでしょうか。

皆さんは結婚式に参加する事が有るかと思います。プリザーブドフラワーが見られる場所の例としてその一つを挙げれば、例えば結婚式で見られるウェディングブーケが有ります。皆さんの中にも、今にして思えば結婚式で見たあれがプリザーブドフラワーだったのか、とお気づきになるかもしれません。それからプリザーブドフラワーは、ギフトフラワー等と言った贈り物にも使われます。

もしかしたら皆さんは今までに誰かからプリザーブドフラワーを贈られた事が有るのかも知れません。その他には、部屋に飾るインテリアのインテリアフラワーとしても、プリザーブドフラワーの人気が高まっています。もしかしたら皆さんが友達の家に行ったときに、家の中に置いてあった花がプリザーブドフラワーだったのかも知れません。

このようにプリザーブドフラワーの用途や使い道をあれこれ挙げてみると、現在プリザーブドフラワーが使われる場所、そしてプリザーブドフラワーが活躍している場所は沢山有る事がわかります。

それから結婚式と言うことで、もう少し結婚式とプリザーブドフラワーとの関係について挙げておけば、皆さんも結婚式に出席したときに花嫁が手に持ったウエディングブーケを御覧になった事が有るか、と思います。現在このウエディングブーケの多くが、所謂プリザーブドフラワーで作られています。

このほか先にも紹介したように、現在ではプリザーブドフラワーは贈り物やギフトによく使われています。皆さんが試しに何処かのギフトショップの店舗や、或いはそのインターネットのホームページを見てみれば、必ずと言っていいほどこのプリザーブドフラワーが有る筈です。プリザーブドフラワーは贈り物、ギフトとしてもよく選ばれています。

プリザーブドフラワーが贈られる具体的なケースとして結婚祝い、出産祝い、誕生日祝い等の贈り物、或いはギフト等が有ります。プリザーブドフラワーはそんなギフトや贈り物としても喜ばれる存在です。そしてプリザーブドフラワーは実際大変多くの人達に喜ばれています。

プリザーブドフラワーはそもそも何なのでしょうか

ここまでプリザーブドフラワーの用途について紹介しましたが、それではプリザーブドフラワーはそもそも何なのでしょうか。

プリザーブドフラワーは実は生花から作られたものです。プリザーブドフラワーは、花を長い期間美しい状態のままで保存するという人類の長年の夢をかなえてくれたもの、と言う事が出来ます。プリザーブドフラワーはその保存状態によっては、十年以上も保存出来るのです。花を十年以上も美しいままの状態で保存出来るなんて、皆さんには大変不思議に思えませんか。そんな不思議な魅力を持っているのがプリザーブドフラワーなのです。

プリザーブドフラワーと言っても、やはり元々は先にも紹介したように生花です。花である以上プリザーブドフラワーは非常にデリケートな存在です。従ってやはりプリザーブドフラワーの扱いには細心の注意が必要です。そうでないと、折角のプリザーブドフラワーも長い時間楽しむ事が出来なくなってしまいます。プリザーブドフラワーですので、その美しさを長く楽しみたいものです。

プリザーブドフラワーは先にも紹介したように生花から作られるものです。従ってプリザーブドフラワーは生花とは若干異なるものではありますが、やはり生花と同様丁寧に、デリケートに扱うことが大切です。従ってプリザーブドフラワーを扱う際には、花を愛し、そして花を労わる気持ちが何よりも大事である、と言ってもいいでしょう。ここではそんなプリザーブドフラワーの保存方法、取り扱い方について簡単に紹介していきます。

直射日光のあたる場所に置いてはいけない

皆さんが実際にもしプリザーブドフラワーを手にする事になったら、是非とも以下で紹介するプリザーブドフラワーに関する内容を参考にして、プリザーブドフラワーを長い時間、何時までも大切にしてあげてください。

皆さんも御存知のように、一般には植物は太陽の光をいっぱいに浴びて育ちます。植物が行う光合成で生じた酸素によって、私達人類を含めた全ての生物が養われていることは周知の通りです。植物にとって日光は非常に大切なものなのですが、このプリザーブドフラワーの場合は注意するべき事があります。それはプリザーブドフラワーを直射日光のあたる場所に置いてはいけない、と言うことです。

何故プリザーブドフラワーを直射日光にあててはいけないのでしょうか。この点が、普通の花とプリザーブドフラワーとの一番の違いだと言えるでしょう。

普通の花、いえ、花だけじゃなく、地球に存在している様々な植物、そして動物は太陽の光を浴びて成長し、生活しています。特に植物にとっては、太陽の光無くして生きることなど一部を覗いてとても困難なことです。太陽の光を浴びて成長することに光合成という名前が決められているほど、植物の活動としてとても重要な位置を占めているのです。もちろん太陽の光を浴びることをせずに成長する植物もなかには少なからずいることでしょう。

しかし、多くの植物にとってはもはや当たり前の生命活動なのです。人間である私たちが何の気無しに歩くように、呼吸をしたり眠ったりすること同じように、植物である花たちも当たり前のように太陽の光を浴びて大きく成長していくのです。

何故なら直射日光は、プリザーブドフラワーの変色や色あせ、劣化を招く原因となってしまうからです。従ってプリザーブドフラワーを扱う際には、日光に注意が必要です。

注目サイト

天然石の卸販売 仕入れ問屋|Purestone.jp
http://www.purestone.jp/

Last update:2016/3/30

ミニチュアランドセル