出産祝いの礼儀は完璧ですか?

皆さんは所謂出産祝いを御存知でしょうか。そして皆さんは実際にこの出産祝いを友人や知人に贈ったり、或いは逆に出産祝いをもらったりした事が有るか、と思います。

もっとも現在この記事を御覧の皆さんの中にも、実はこの所謂出産祝いを周囲の人達に贈った事の有る人が数多くいるか、と思います。皆さんの周囲の友人や知人で赤ちゃんが生まれたら、是非この出産祝いを贈ることを忘れないようにしたいものです。また逆に皆さんに赤ちゃんが生まれて、周囲から出産祝いをもらったならば、所謂内祝いを忘れずに贈りたいものです。

さてこの出産祝いですが、勿論出産祝いに関しても、それに伴う色々なマナーや、或いは常識が有ります。出産祝いに関しても是非とも知っておくべき内容が色々と有ります。従ってここではそんな出産祝いに関する所謂基本的な知識、そして或いは知っておいて得する出産祝いの情報について紹介します。

先に紹介したように、出産祝いにもそれに関するマナーが有ります。そこでまずは出産祝いに関するマナーを紹介してみたい、と思います。

出産祝いマナーその1:贈り物・金額

皆さんの周囲の親戚や家族、それに友人に子供が生まれたときには、是非ともお祝いをしてあげたいものだ、と思いでしょう。勿論そんな気持ちは実に尊いものです。ですがその気持ちとは裏腹に、実際に出産祝いを贈るとなると、果てさて出産祝いには一体何を贈ったらいいものなのか、と言った具合で、非常に悩んでしまうと言う人も、実は少なくないのではないでしょうか。ここでは出産祝いに贈る物、或いは贈る金額について考えてみたい、と思います。

もし皆さんが出産祝いを贈る場合、その祝いを贈る相手の方ととても親しいのであれば、まずは相手に直接欲しいもの等を聞いてから、それから出産祝いを買いに行って選ぶ、という方法が最も良いでしょう。そうすれば何と言っても必ず相手の欲しい物を贈ることになりますので、所謂「外れ」が絶対に有りません。また他の人が贈った出産祝いと中身が重複することもありません。

また出産祝いを贈る場合、皆さんがその出産祝いを贈る相手とそこまで親しくない、と言う場合であれば、出産祝いとしてあっても困らないものを贈るといいかと思います。例えば一番良いものとしては、お金や商品券等でしょう。これですと好きな用途に使うことが出来ますし、相手に絶対に使ってもらえるのでいいと思います。お金を贈る場合どうしてもその金額が気になります。

その出産祝いとして贈るお祝い金の相場額についてですが、大体5,000円から10,000円位が目安となっています。もっとも出産祝いの金額も色々な場合によって異なってきます。贈る側の年齢や、或いは出産祝いを贈られる相手との関係性、はたまた地域によっても異なると思います。ですが通常ならば、大体上記のような金額が妥当なところではないか、と思います。

以上の出産祝いの金額を御覧になって、ちょっと金額が少ないのではないか、と思う方もいるとは思います。ですがこの出産祝い、或いは合格祝い等はだいたい世間一般的に相場が決まってきていると思われます。ですので金額が少ないのでは?と言ったような心配はいりません。

ですが逆に、もしも出産祝いの金額の相場をものすごくオーバーして贈ると、却って相手に気を使わせてしまうことになってしまいますので、その辺りは注意した方がよいか、と思います。また、出産祝いとして現金を贈るのではなくても、プレゼントを贈った場合、そうすることで相手にお祝いの気持ちを伝える、と言うことに殊更意味が有る、と思います。と言うのも、出産祝いに何かプレゼントを贈る場合、このときは、出産祝いを受け取る相手のことを考えて、自分は一生懸命出産祝いのプレゼントを選んだのだ、ということが伝わると思いますので、これはこれで非常にいいか、と思います。

あと注意しておきたいのは、出産祝いを贈るタイミングです。この出産祝いを贈るタイミングですが、勿論相手が出産して間もなく、生まれたばかりの赤ちゃんに早く会いに行きたい、というのは友人や知人として非常によく分かります。しかしよく考えてみてください。と言うのも出産と言う作業は非常に大変な事です。出産後のお母さんというのは、休養を取ることが、ものすごく大切です。休養と言うのは大変な時期です。従って出産直後は避けて、少し間をあけてから相手の下にお伺いするのがいいと思います。

出産祝いマナーその2:贈る時期・タイミング

ここでは出産祝いに関するマナーについて紹介しています。そもそも出産祝いと言うのは、どんな意味が有るのでしょうか。

出産祝いというのは、相手に対して「おめでとう」の気持ちを込めて贈るものです。ですが出産祝いにもマナーが有ります。そのマナーを一つ間違えただけで、そんな折角のお祝いの気持ちが台無しになってしまう事も有ります。

折角の出産祝いが、マナーの問題で台無しになってしまったのでは、たまったものではありません。出産祝いを贈った方も贈られた方も不愉快になってしまい、不幸な結果になりかねません。ここではそんな出産祝いに関して、事前に知っておいた方がいいマナーをご紹介します。

まず出産祝いを贈る時機ですが、出産祝いは必ず相手に赤ちゃんが産まれてから贈るようにしましょう。

と言うのも赤ちゃんが産まれる前に出産祝いを贈ってしまって、そして万が一不幸にも赤ちゃんが死産だった場合等でしたら、結果的に大変失礼なことになってしまいます。また現在は大分少なくなっていますが、出産時にトラブルが発生すると言う場合も有ります。

従って母子共に健康で産まれたと、相手からきちんと報告を受けてから出産祝いを贈ることがよいとされています。従って出産祝いを贈る際にはくれぐれも注意しましょう。

次に出産祝いを相手に持っていくときのことです。

と言うのも、相手の出産直後は、出産祝いを持って伺う事はなるべく避けた方がいいと思います。出産というのは経験の有る方ならお分かりでしょうが、産む本人にとってはものすごい大変なことです。大変体力を消耗します。従って出産直後は、母親は休養を取ることがとても大切です。そんな時期ですので、出産直後に出産祝いを持って伺う事は避けましょう。従って赤ちゃんや出産を母親の体調を考えた上で、退院した後で落ち着いた頃にお宅をお伺いすることが出産祝いの理想的なタイミングではないか、と思います。またその場合にも長居することは避けて、無理のない時間帯を狙って、出産祝いを持って行くようにしましょう。

また出産祝いは直接届けるのではなく、出産祝いを郵送で贈ると言う方法も有ります。その場合でしたら、大体産後三週間以内が理想的である、とされています。ただし産後の場合は、当の母親は家にいないことも多いか、と思います。従って出産祝いを郵送で贈る場合は、母親の実家、或いはアパートでも、もし旦那さんがいるのであれば、そこに贈るのがいいでしょう。

また以上で紹介したケース以外にも、出産祝いを贈るタイミングを逃してしまった、と言う事も有るか、と思います。そんな場合には一体どうしたらいいのでしょうか。その場合例えば産後三ヶ月くらいに出産祝いを贈るのであれば、問題は無いでしょう。ですがもしもそれ以上出産祝いが遅れるようであれば、出産祝いに加えてメッセージを一言添えて贈ってあげた方がいいか、と思います。またもしも都合が合うようでしたら、出産祝いをちょっとした季節の行事に合わせて、その時に直接相手に持って行く、というのも出産祝いを贈る一つの良い方法ではないかと思います。

以上ここまで出産祝いに関するマナーについて紹介しました。皆さんも適宜参考にされてはと思います

おすすめWEBサイト 5選

2016/11/11 更新

ミニチュアランドセル